プロジェクト

STORY 004

「祐天寺のトンガリハット」

~祐天寺の街と暮らす~

※STORY4はお客様の 家づくり事例ではなく、販売中(当時)の土地に対して、建築家がその土地の良さを引き出したプランを提案してくれたものです。
土地探しから始める家づくりのご参考にして頂けると幸いです。

今回の案件は日頃から仲良くさせて頂いている 不動産会社が所有されている土地です。

人気の東急東横線「祐天寺」駅から歩いてすぐの好立地ですが、高架の線路が近いことや前面道路が少し狭いところが難点の土地でした。また、土地面積が
約20坪という狭小地、加えて第一種低層住居専用地域という制限が厳しい区域内でしたので、建物のプランニングが難しい土地でした。

人気エリアの祐天寺ですので売却するのに困る土地ではありませんが、その土地を所有する不動産会社では、一般的な間取りではなく、もっとその土地の良さ
を引き出した間取りには出来ないだろうか?と考えておられました。そのような流れの中で建築家の方々にもご協力を頂いて、その土地のポテンシャルを
最大限に引き出したプランをご提案いただく事になりました。

今回担当して頂いたのは、ちょうどその土地の近くに事務所を構えていらっしゃるアトリエハレトケの長崎辰哉さんです。
難易度の高い土地でしたが、立地の特性や敷地条件を熟慮した素敵なプランを考えて頂きました。

種別建築条件なし売地
所在地目黒区五本木
交通東急東横線「祐天寺」駅徒歩
土地面積68.67m²
権利所有権
用途地域第一種低層住居専用地域
株式会社アトリエハレトケ
長崎 辰哉 Tatsuya Nagasaki
http://haretoke.co.jp/

東急東横線沿線、渋谷からわずか3駅先、おしゃれタウンとして人気の代官山や中目黒のすぐそば。昔ながらの住宅街の面影がある祐天寺の物件です。

立地は東横線の線路脇の細い道路の先。近隣には、小学校や図書館があり、子育て環境にも恵まれています。

宅地面積は68.76㎡と狭小ですが、南東向きの長所を生かし、2階建+ロフトのプランを考えました。1階に主寝室とバスルーム、日当たりのよい2階には
15畳のLDKと3畳の和室、バルコニーをプラン。2ブロックに分かれたロフトはそれぞれ6畳以上のスペースがあるので、子供部屋として使うことが可能です。

そして、このプランの最大の特色が、1階道路側に設けられた「MISE」。ここは、「街と家族とをつなぐコミュニケーションスペース」として、位置づけ
ました。街に開かれたオープンなスペースとして考えるなら、趣味のギャラリーにしてもよし、地域の子供たちが立ち寄る絵本カフェにしてもよし。もちろん、
在宅ワーカーの仕事場や家事スペースにもなります。

家族のライフステージが変わっても、こういったフレキシブルな空間がひとつあると、家庭内引っ越しのアイディアが広がるのではないでしょうか。

お気に入りの街で、住まいに愛着をもって長く暮らしてほしい…。そんな思いをこめたプランです。