プロジェクト

STORY 006

「座間新築プロジェクト」

今回のお客様は私たちのお店と同じ 横浜・たまプラーザのお住まいのS様。
会社の家賃補助のしくみが変わったことがきっかけでお住まい探しを始められました。

当初は他の不動産会社でも色々と物件案内を受けておられたようですが、なかなかしっくりくるものに出会えなかったそうです。そんな中で私どものチラシを
ご覧頂いたのがきっかけでお店にお越し頂くことになりました。

初めてお会いしたときに「アンティーク家具が似合う空間が作りたい!」、「趣味のロードバイクを置く場所がほしい!」、「家庭菜園がしたい!」などなど
家づくりに対するたくさんの想いをお聞かせ頂きました。

私たちが手がけている建築家との 家づくりにもご興味を持って頂き、「その想いが実現できる土地探しをしましょう!」ということでS様との家づくりプロジェクト
がスタートしました。

当初はご自宅と同じ沿線の田園都市線を中心に物件を見ていきましたが、なかなか希望に叶う土地がありません。そこでご主人様のご実家もある小田急線に
エリアを替えて探すことになりました。東急田園都市線と比べると小田急線沿線は土地の価格が安く、同じ予算でも駅距離が近かったり、面積が広かったりと
条件の良い土地が多数出てきました。

小田急線エリアでも何度かご案内を重ねた結果、座間市内の駅から徒歩圏の約50坪もある広い土地がご予算に十分収まる価格で見つかりました。これだけ
の広さがあれば家庭菜園をする場所も十分確保できそうです。

今回担当して頂いたのは、青木律典建築設計スタジオの青木律典さんです。S様ご夫婦の想いを反映した素敵なプランをご提案頂きました。

種別建築条件なし売地
所在地座間市広野台
交通小田急線「相武台」駅
土地面積166.93m²
権利所有権
用途地域第一種住居地域
青木律典建築設計スタジオ
青木律典 Norifumi Aoki
http://norifumiaoki-studio.net/

建物をずらす事で南の庭、北の庭といった違った雰囲気を持つスペースを確保しました。
陽当たりのいい南側の庭はデッキからつながった緑などを愉しむためのスペース。北側の庭は洗濯物を干したり、家庭菜園などを楽しむためのスペース。
それぞれ用途の違った庭を持つことで敷地を無駄なく使う事を提案しました。

また、この家の特徴はリビング前に大きなデッキスペースがあることです。天井があるので雨に濡れない半屋外空間となります。庭仕事の途中で一休みする
場所として、または趣味の自転車をメンテナンスする場所として夜は専用のビヤガーデンとして、天候を気にせず多機能に使う事が出来る楽しい空間です。

リビングは南側と北側の窓は全開することができ、開放的に外部とつながります。
また天井を高くし、一部を吹き抜けとすることで上部が開放的なリビングとしました。