リノベーション事例

Photo. 石田 篤

シキリの形
神奈川県川崎市
家族:夫婦
専有面積:56.97m²
築35年 / 中古団地

35年前に住宅供給公社により分譲された集合住宅の一室を住居兼事務所にリノベーションする計画です。自宅で仕事をする住まい手が求めたものは一室空間のようなゆとりと拡がり、仕事場と生活の場が分かれていてメリハリがあることでした。仕事場と生活の場という性格の異なる要素をいかに無理なく、どちらにとっても快適で違和感なく両立できるかが大きな課題でした。

専有面積57m²弱と限られた広さの中でこの2つの要求に応えるためまず全体をひと続きのワンルームとし、その上で空間の「仕切りかた」を考え、それぞれの空間がほどよい距離に感じられるようにいくつかの工夫をしました。この仕切り方の工夫により住まい手の求める異なる2つの空間を両立することができたのではないかと思います。

青木 律典
青木律典建築設計スタジオ

デザイナー紹介

リノベーション事例